新型レクサスCT200hの口コミを4年前に購入された方から伺いました

レクサスCT200hは、スタイリッシュなデザインで、インテリアも高級感が溢れる造りになっております。
運転性能が良いので、ワクワクする楽しい運転ができる車です。
レクサスCT200h
新型レクサスCT200hを4年前に購入された方に感想をお聞きしました。

・何人家族で、子供は何人ですか?

我が家は私と家内、2人の娘の4人家族です。

私だけではなく家内も運転をします。1台前に乗っていた車種は2400CCのクロカンタイプで非常に気に入っていました。

ところが何と言っても燃費の面で厳しいところがあり、1リットル当たり8キロ程度しか走らないということで毎月1200キロ以上走行する我が家には財布にも厳しいということで買い替えを検討したのです。

・乗っている車の車種はなんですか?

そこでターゲットになったのがレクサスCT200hです。

・運転のしやすさ、乗り心地はどうですか?満足していますか?

発表と同時にあこがれのレクサスブランドが400万円以内でかつ、当時のハイブリッドカーとしては最高燃費という訴求ポイントが目に留まったのです。

すぐにレクサスのショールームに試乗を予約しました。

まず確かめたかったのは初めてになるハイブリッドカーの感覚です。

とても静かで驚くとともに、口コミでよく聞いていたようなブレーキの効きにくさなどは全く感じることもありませんでした。

ここまで確認したうえで2011年3月に新車でレクサスCT200hが納車されました。

発売前から人気で納車まで発売から1か月以上かかりました。

実際に乗ってみた感覚です。

なんといっても静かなところが驚きです。

そして、何と言っても当初の予想以上に燃費がいいことに満足しています。

既に50000キロ以上走行していますが新車以来の平均燃費は20.6キロを記録しており、財布にも非常にやさしい車として満足している次第です。

(カタログ燃費26.6キロ)

家内も運転するにあたっては町乗りが多いため、小回りが利き、街中で多い小さな駐車場にも駐車しやすいところがグッドポイントだとコメントしています。

乗り心地も車高が低いことで路面にしっかりはりついたハンドルさばきができるので小さな道路でも乗りやすさが伝わってくるような気がしています。

・今の車の不満な点を挙げて下さい。

逆にいくつか不満点もあります。

まずは室内の広さです。

以前乗っていた車種が2400CCのクロカンだったのでこれと比べると、子供たちが後部座席で狭いというところが一つ、そして私の趣味のゴルフバックがつみづらい、さらに2つを積み込むには後部座席を倒す必要があるというところが残念です。

後の不満点といえば、車高の高さです。わたしは車高が低いほうがいいのですが家内は小回りが利くのはいいが、車高が高いほうが周囲が見えて運転しやすかったというのが本音のようです。

さらに、設計上、バックミラーで後部を見づらいというポイントは私も家内も感じています。

しかし、総合すると今のレクサスCT200hには乗り心地、ブランド力、燃費ともに満足しています。

・もしも乗り換えるとしたらどの車が欲しいですか?またその理由は?

次に乗り換えるとしたら、レクサスでもうワンランク大きい車種でハイブリッドを検討したいと思います。

もちろん、車体や排気量が大きければ、燃費にも影響が出るので現状は期待できませんが。

あと数年のうちにさらにハイブリッドカーの燃費が進歩してくれることを切に願っています。

レクサスについて当サイトより一言

レクサスCTはリッター26.6kmと確かに普通に燃費が良いですが、同じくハイブリッド車であるレクサスHS250hの燃費は20km/l程度しかないことから考えるとまだ安心できる部類であると言えるでしょう。

HS250hはハイブリッドの設計が古いことが燃費がそこまで伸びない理由で、今あせって買うべきものではないでしょう。

ただし、CTもHSもセダンの中ではひときわ高級感があり、室内も広く高いですし乗り心地がかなり安定していていいので、今のままでも十分に満足のいく車です。

ただし、価格が数百万円台と高いのに対して値引きが2万円から4万円程度しか出してもらえないことが玉にキズ。

大人の大胆な遊びとして買う車として一目置かれる存在となっています。

価格がもう少し下がった高級セダンがどうしても欲しいならレクサスHS250hと基本構造が全く同じなトヨタのSAIや、マークXがおすすめです。

トヨタ マークXに3年乗っている方に口コミを伺いました

燃費に関してはハイブリッド仕様であるSAIが22km/lと低燃費ですし、デザインも高級感が高いので非常におすすめです。

なお、SAIに関しては値引き額も高く、10万円~20数万円くらいまで限界で値引き購入することが可能です。

乗り心地などは少し固く感じて、軽やかなレクサスに劣りますが同じセダンとして検討の材料に入る車と言えるでしょう。

手持ちの車の売り値の最高額を今すぐ知る方法!

ズバッと一括見積りというサービスで、手持ちの車の売り値の最高額をチェックすることができます。

自分もやってみたんですが、下取りよりも20万も高い売値が出ました。

あのまま下取りされていたら、20万円損していたということです。

ちなみに、車の買取価格はわずか数か月違うだけで数万円も下がることもありますから高く売りたいならできるだけ早いほうがいいでしょう。
>>無料の複数社一括見積もりはこちら

ちなみに、大手の最大10社に一気に査定できるのはこのズバッとさんくらいです。

他はもっと査定してくれる会社が少ないので、ここが一番高い買い取り額が出ます。

2015年3月2日 新型レクサスCT200hの口コミを4年前に購入された方から伺いました はコメントを受け付けていません。 車種別口コミ・評価