軽自動車で車中泊ができる車はこれ!

最近はホテルを利用せずコストを抑えてあちこちへ出かける方々が増えてきています。
そんな中寝る場所はどうするのかと言えばモチロン車の中、いわゆる車通泊と呼ばれる方法です。

ウェイク

この車中泊というスタイル、大きい車であればあるほどやりやすいわけですがはたして軽自動車でも快適に行うことは可能でしょうか?

今回は軽自動車で車中泊が出来るものを調べてみましょう。

軽自動車で車中泊に適している車種

車中泊をしながら旅をする時、軽自動車の場合就寝時の条件がかなり限られます。
単純にリクライニングだけで寝ればいいとも考えがちですがコレが中々疲れが取れません。
同じ姿勢で固まってしまうため、血流が悪くなりエコノミー症候群になってしまいがちだからです。

なので軽自動車選びに中で車内がフラットに出来る物が好ましいのですがフルフラットでなくてもマットやクッションなどで何とかなったりもします。
こういった点で車中泊しやすい軽自動車を探してみましょう。

○ホンダ NBOX+
NBOX+の特徴として運転席の先頭から積載スペースまで全てフラットにできることが上げられます。
多少凹凸が出来るのでマットを用意することで快適に就寝することが出来るでしょう。
車高が高いのでフラットにした状態での移動がしやすいのも嬉しい点です。
またこの状態でもある程度の荷物を積みこむスペースは確保できるのがありがたい所です。
ベッドモードでは2mものスペースが確保でき高身長の人でもゆっくり横になれます。

NBOX+

○スズキ ハスラー
こちらも完全にフラットにすることが可能です。
前席を後に倒すと結構大きな段差が出来るのでこの隙間をどうにかする工夫が必要になります。
クッションなどで十分対応できますがメーカー純正でここをフラットにするマットが販売されているのでそれを使うのが一番最良の手段でしょうか。
また軽自動車でありながら山道などに強く、より一人旅で秘境を巡る等の使い方に強いのも特徴でしょう。

○ダイハツ ウェイク
やはり特徴はその車高の高さです。
これだけの高さがあるとシートをフラットにしても不自由がありません。
もちろん出かける時の荷物の積載量を増やせる特典もありますが積み込みすぎると車中泊で置き場に困ることになるのでよく考えて必要な物だけにするようにしましょう。
普段使いでも車中泊旅でもどちらも両得にこなせる嬉しい一台です。
また車中泊に特化した「楽旅モデル」なるものが存在します。
アウトドアメーカーとして有名なモンベルとタッグしているのがうれしい点です。

○スズキ ワゴンR
昔から軽自動車の車中泊の人気車として君臨していました。
しかし他の車に比べ段差が結構大きいのでマットは必須となります。
また助手席側よりも運転席側が大きな段差になりやすいため一人であれば助手席側をベッドにするだけでいいのですが2人となると個別の対策が必要となります。

車中泊に必須のアイテム

軽自動車で車中泊をする上で必要な物がいくつか有ります。
特に冬場ですがそれは寝袋です。車中なのになぜ?と思うかもしれません。
軽自動車の断熱はそれほどではなく冬場の車内は以外に冷えるためです。

あまりこういう例を出すのは気が引けますがかつての東北大震災で家屋を失い車中泊を余儀なくされた方々が思った以上の消耗を強いられ、最悪命を落とされた話は聞いことがあるのではないでしょうか。

姿勢の問題ももちろん解決するべきですが、冬場の最大の敵は寒さです。
厚着をして寝るという手もありますが体にかさばる服装を身につけて寝るというのも中々疲れるものです。
出来ればゆったりとした寒冷地用の寝袋を用意するとよいでしょう。

番外編としてあると良いものですが、キャンプ用のミニテーブルや携帯ガスを使えるクッカーがあると車中泊でもちょっとした料理が可能になります。
もちろん換気や火の扱いには十分注意して下さい。

それでは良い軽自動車車中泊ライフを!!

手持ちの車の売り値の最高額を今すぐ知る方法!

ズバッと一括見積りというサービスで、手持ちの車の売り値の最高額をチェックすることができます。

自分もやってみたんですが、下取りよりも20万も高い売値が出ました。

あのまま下取りされていたら、20万円損していたということです。

ちなみに、車の買取価格はわずか数か月違うだけで数万円も下がることもありますから高く売りたいならできるだけ早いほうがいいでしょう。
>>無料の複数社一括見積もりはこちら

ちなみに、大手の最大10社に一気に査定できるのはこのズバッとさんくらいです。

他はもっと査定してくれる会社が少ないので、ここが一番高い買い取り額が出ます。

2015年9月2日 軽自動車で車中泊ができる車はこれ! はコメントを受け付けていません。 軽四の口コミ・評価