子供が3人以上ならミニバンが何かと便利な訳

子供が生まれたのを機会に、ミニバンを購入する人が増えています。

車内が広くて、多人数が乗れるミニバンは何かと便利ですね。

今回は、子供が3人以上ならとにかくミニバンが便利な理由を紹介します。

セレナ

絶対に便利なので、まだの方は買い替えの検討をしたほうが良いですよ。

広い室内空間は便利

ミニバンは、ボディサイズが大きめですからそれに比例して、室内も広いです。

子供が3人いたら、家族でお出かけは室内は絶対広いほうがいいですよね?

そして、重要なのがチャイルドシートです。

一つくらいならコンパクトカークラスでもなんとかなりますが、2個以上となるともう選択肢はミニバンしかありません。

チャイルドシート一つで、成人男性一人以上のスペースが必要だって知ってますか?

ステップワゴン

ミニバンは3列シートですから、セカンドシートに2個 サードシートに1個設置しても余裕があります。

気をつけてほしいのは、ミニバンは7人乗りを選ぶこと!

8人乗りだと、セカンドシートが3人乗りになってウォークスルーが制限されてしまいます。

もちろん8人乗りで、ウォークスルーできるミニバンもありますが、チャイルドシートを設置したままではシートアレンジができませんので、8人乗り チャイルドシート設置 ウォークスルーの条件を満たすのは7人乗りしかありません。

奥さんが、子供の面倒を見るためにはウォークスルーは必須ですからね助手席に、チャイルドシートを設置するのは危険なので絶対ダメですよ。

ラゲッジスペースも広いので、ベビーカーも積めますし、その他のベビー用品も積む余裕があります。

スライドドアは乗り降りに便利です。

チャイルドシート使うくらい小さい子供は、一人で車の乗り降りはできませんね。

奥さんが、抱っこして乗り降りするしかありませんよね?

ここで、スライドドアが便利です。 開口部は広く子供を抱いたままでも乗り降りが簡単です。

風が強い日などとにかく安全です。

子供が乗っていないときでも、両手に荷物をもったまま乗り降りができますしね。

電動スライドドアならなお便利ですが、少し購入価格が上昇する事と、車両重量が重くなって燃費が多少悪くなると言う欠点もあります。

しかし安全の面などを考えると電動スライドドアにしたほうがいいかもしれません。

片側だけ電動にする事もできますので、どちらか一つは電動にしたほうがいいですね。

リアスペース用のエアコン

ミニバンは室内が広いので、運転席のエアコンとは別に、独立したエアコンが後部座席についています。

温度管理は、子供の健康には大切ですね。

おすすめのミニバンはコレです。

・日産セレナ

3列目シートも広めで、チャイルドシート4個もいけます。

電動スライドドアもしっかり装備

エアコンも大丈夫

子供をつれて一家で田舎へ帰省などに大活躍です。

街中で使うには少しだけ大きなボディですが、取り回しはいいので問題ありません。

おすすめです。

・ホンダステップワゴン

セレナと遜色無いほどのサードシートですので、チャイルドシート設置しても余裕があります。

乗り心地もいいので、子供に優しい走行ができます。

わくわくゲートは、後部からの乗り降りやベビーカーの積み下ろしなどセレナには無い便利な点も多いです。

欠点はセレナに比べると少し派手なエクステリアでしょうか?

・トヨタヴォクシー ノア エスクァイア

セレナ ステップワゴンより少し小さめのボディサイズです。

チャイルドシート3個なら問題なし

ボディが小さめな分 街中での取り回しは優秀です。

燃費も、セレナ ステップワゴンより上です。

欠点は、派手すぎるエクステリアと、やはりボディが小さい分少し室内が狭いと言うことでしょうか?

少し若い世代の方におすすめですね。

ヴォクシー ノア エスクァイアは、エクステリアと少しインテリアの違うだけの
兄弟車ですので、どれを選んでも間違い無いですが、

一番人気のあるヴォクシーを選んでおけば次の買い替えの時に、下取り価格が少しお得になるかもしれません。

子供が生まれたら ミニバンいいですよ!

手持ちの車の売り値の最高額を今すぐ知る方法!

ズバッと一括見積りというサービスで、手持ちの車の売り値の最高額をチェックすることができます。

自分もやってみたんですが、下取りよりも20万も高い売値が出ました。

あのまま下取りされていたら、20万円損していたということです。

ちなみに、車の買取価格はわずか数か月違うだけで数万円も下がることもありますから高く売りたいならできるだけ早いほうがいいでしょう。
>>無料の複数社一括見積もりはこちら

ちなみに、大手の最大10社に一気に査定できるのはこのズバッとさんくらいです。

他はもっと査定してくれる会社が少ないので、ここが一番高い買い取り額が出ます。