新車を買うなら新古車を買ったほうがいい?

新古車って聞いたことがありますか?

これはディーラーで保管している展示会が終わって販売に回された車です。

新古車

基本的には新車と同じなんですが、展示会に持って行くときや移動の時に数千キロ走っています。

この新古車が実は新車を買うよりもお得に買うことができるんですよ。

新古車が新車の20~30万円値引きなんて普通

新古車は一度お客さんに買われてからまた売られて再度販売しているわけではないので、中古車よりも新しいです。

それに加えて1年落ちなんて新古車があれば大体20万円から30万円も新車と比べて値段が下がるなんてことは普通です。

しかも別段汚れているわけではありませんし、新車を買うなら数十万円お得に新古車を買ったほうが圧倒的にいいです。

例えばスズキのスイフトが新車価格で125万円のものが新古車で1年落ちだと83万円という破格で手に入ったりなどありえないことがあります。

もちろんこれはディーラーに限った話です。

こういう情報をよく知っている人は毎回ディーラーを見に行って新古車がないかどうかチェックしています。

新古車を購入する時のデメリット

ただ、デメリットは新古車はすぐに売れてしまいやすいということですね。

なのでよっぽどこまめにディーラーをチェックしていないと新古車が入ってきても他の人に取られてしまいます。

おすすめはあらかじめディーラーに新古車が入ってきた時に連絡を入れてもらうようにしておくことです。

セールスは売り上げを上げるためにそういうつながりを作っておくことをすごく喜びます。

だからなるべく車種を決めて、「この車が新古車でいいの入ってきたら電話下さい。」
ってことを言っておき、あらかじめつながりを作っておくことをおすすめします。

手持ちの車の売り値の最高額を今すぐ知る方法!

ズバッと一括見積りというサービスで、手持ちの車の売り値の最高額をチェックすることができます。

自分もやってみたんですが、下取りよりも20万も高い売値が出ました。

あのまま下取りされていたら、20万円損していたということです。

ちなみに、車の買取価格はわずか数か月違うだけで数万円も下がることもありますから高く売りたいならできるだけ早いほうがいいでしょう。
>>無料の複数社一括見積もりはこちら

ちなみに、大手の最大10社に一気に査定できるのはこのズバッとさんくらいです。

他はもっと査定してくれる会社が少ないので、ここが一番高い買い取り額が出ます。