新車を買う時に限界値引き価格をさぐる

欲しい新車をディーラーで購入する際に販売店のセールスマンに「もっと値引きして欲しい」と言わないのは損です。

土下座

その理由はセールスマンはどれだけ上乗せして売れたか?という金額が給料にプラスとして加味されるからです。

つまり最初の提示金額はあらかじめある程度の金額を上乗せして提示してくることが多いです。

高い車ほど値引き幅が大きい

もちろんですが、新車を値引きしてもらう場合は車両本体価格が高い車ほど値引きされる金額は大きくなります。

例えば20万円で販売している車と200万円で販売している車だったら、20万円から値引きで10万円なんて価格には絶対になりません。

200万円で販売している車なら、20万円の値引きで180万円なんてことも普通にあり得ます。

簡単な限界値引きの計算の方法を教えます。

まず基本は車両本体価格の10%値引きまでは下げられると思っていいです。

例えば450万円のアルファードを買いたいのであれば45万円値引きで購入などですね。

10%を超えたら値段を下げるために上司の権限が必要になる

ちなみに新車でも中古車でもですが、大きな会社であれば10%以上の値引きは上司の権限が必要になります。

逆に言えば10%までは平社員でも下げることができるということです。

こういう知識があれば、5%程度値引きされてそこで食い下がるということはなくなりますし、10%程度まで下げるまでちょっと押したほうがいいなって思えるようになります。

結果としていい意味でセールスマンに騙されないで車を買うことができます。

とは言ってもまだまだ日本では値引きしないで車を買う人が多いようで、セールスマン的にはうはうはなことが多いようです。

更に具体的な値引きの方法に関しては中古車の値引きのトップページを参考にして下さい。

手持ちの車の売り値の最高額を今すぐ知る方法!

ズバッと一括見積りというサービスで、手持ちの車の売り値の最高額をチェックすることができます。

自分もやってみたんですが、下取りよりも20万も高い売値が出ました。

あのまま下取りされていたら、20万円損していたということです。

ちなみに、車の買取価格はわずか数か月違うだけで数万円も下がることもありますから高く売りたいならできるだけ早いほうがいいでしょう。
>>無料の複数社一括見積もりはこちら

ちなみに、大手の最大10社に一気に査定できるのはこのズバッとさんくらいです。

他はもっと査定してくれる会社が少ないので、ここが一番高い買い取り額が出ます。